「日本最後のスパイ」と呼ばれた男 元公安幹部 菅沼光弘氏 緊急ルポ「16.1.6北朝鮮水爆実験の真実」特別無料Webセミナー
カウントダウンタイマー
あなたの大切なものを守るため、今すぐ無料でご登録下さい
情報は、両社で責任をもって管理させていただきます。また、登録頂いたメールアドレスはお客様のご希望時に、いつでも解除することができます。両社の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)につきましては、右記をご覧ください。 【株式会社リアルインサイト】【株式会社かめ

取扱注意 緊急動画が明かす衝撃的な事実の数々・・・

北朝鮮がこのタイミングで水爆実験成功を発表した真意とは?一方、マスコミが報じているように本当に実験は失敗したのか?その衝撃の真相が今回のWEBセミナーで明らかに。
北朝鮮が核を持たなければならない本当の理由とは?ターゲットはアメリカ、韓国、日本、それとも、、、?日本と朝鮮半島のウラ情報に精通する人物が明かす衝撃の真実が今白日のもとに。
日韓慰安婦問題の合意から間もなく国家存亡の危機に陥った韓国。一国では北朝鮮の核に太刀打ちできない韓国はアメリカ、中国、どちらにつくのか?そして、日本は韓国と手を組むことになるのか?2016年は朝鮮半島から目が離せません。
政権幹部を「恐怖とカネ」でコントロールしていると言われる金一族。彼らの権力の源泉である資金はどこから流れてきているのか?金正恩を陰でコントロールしている知られざる支配者の正体とは?
もし近い将来、朝鮮半島が統一されるとしたら、 人口にして7500万(フランスの人口:6600万)の新たな核保有大国が東アジアに誕生することになります。アメリカ、ロシア、中国の狭間で揺れる朝鮮半島は日本へ銃口を向けるのか否か?
一度限りの放映です。今すぐご登録下さい


カウントダウンタイマー
▼ メールアドレスを入力して下さい。例:info@abcd.com

※アドレスを間違えるとWEBセミナーご視聴URLがお届けできません。半角英数字でに正確にご入力ください。
※確実にWEBセミナーご視聴URLをお届けするためYahooメール、Hotmailなどのフリーメールアドレス以外でご登録下さい。
※携帯メールアドレスでは登録ができません。

※本プログラムは、株式会社リアルインサイト、株式会社かめによる共同運営を行っております。送信いただいたお客様の個人情報は、両社で責任をもって管理させていただきます。また、登録頂いたメールアドレスはお客様のご希望時に、いつでも解除することができます。両社の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)につきましては、右記をご覧ください。【株式会社リアルインサイト】【株式会社かめ
北朝鮮の本当の狙いは?何か裏があるのか?日本は大丈夫なのか? 得体の知れない恐怖の暗雲を、一刻も早く払いのけたいあなたへ

ここまでお読み頂き、誠にありがとうございます。
今回の企画の主催者である、リアルインサイト 鳥内浩一です。

すでにご存じのとおり、去る1月6日、北朝鮮初の水爆実験成功が発表されました。

北朝鮮は実施の理由について、
「アメリカなどの敵対勢力に立ちむかうなか、国の自主権と生存権を守るための自衛的措置だ」
と主張しておりますが、その真相は未だに明かされていません。

そのため、あなたも、「新年早々、北朝鮮の動きが不穏すぎて怖い」、「なんであんな国が野放しにされてるんだ。国連、なんとかしろ。」という不安やストレスを抱えたまま、お過ごしかもしれません。

晴れ晴れしいはずの新年の幕開けから、日本中に立ち込める得体の知れない恐怖の暗雲を払いのけたい。これが、今回の緊急WEBセミナーを開催する大きな目的です。

その目的を達成するためにも、「北朝鮮は怖い」、「金正恩は許せない」、「もっと厳しい制裁を」とお思いのあなたへ、どうしてもお伝えしたいことがあります。

あなたはどれだけ北朝鮮のことを知っていますか?

こんなことを言うと、北朝鮮の味方をしているように誤解されるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。

こんな質問をする理由は、ほぼすべての日本人がマスコミから得ている北朝鮮情報はすべて嘘で、まともな情報は何一つ日本に入ってきていないことを、私は知っているからです。

おそらく日本人の99%が北朝鮮に対して、こんなイメージをお持ちでしょう。

日本から経済支援を得るために、核や拉致問題をちらつかせて、瀬戸際外交ばかりやっている。
北朝鮮は閉ざされた独裁国家で、国のすべては金一族によって搾取されている。
自由と資本主義を宣言する欧州各国とは犬猿の仲である。

もう一度言います。

これらは全部嘘です

北朝鮮のことを知らないどころか、嘘のイメージを植え付けられた状態で「北朝鮮憎し」を声高に叫ぶことが良いことか悪いことか、その判断はあなたにお任せいたします。

しかし、問題の本質は、騙されていたかどうかではありません。
誰が何の目的で、どのようにして私たち日本人に北朝鮮の嘘の情報を流し続けてきたのか。
それこそが極めて重要です。

マスコミがひた隠しにしてきた北朝鮮の本当の姿を知る時、

 

「北朝鮮=ならず者」では絶対にわからない水爆実験の真実

が分かります。

手がつけられない駄々っ子が、こんな絶妙なタイミングで水爆実験の成功を発表することなどありません。
そこにはもちろん、政治的、かつ戦略的な意図があります。
そして、水爆実験は失敗であったと報道するメディアも、何かしらの意図を隠し持っています。

ただ盲目的に北朝鮮に恐怖感を抱くその前に、ぜひ、マスコミが「絶対に」報道できない水爆実験の真実を手に入れてください。
今回のWebセミナーでは、その「北朝鮮、水爆実験の真実」について明かすことができる最適な人物とのインタビュー映像をお届けします。

その人物とは、元公安調査庁調査第2部長、菅沼光弘氏です。

菅沼氏は、公安調査庁入庁後、すぐにドイツ・マインツ大学に留学し、ドイツ連邦情報局(BND)に派遣された経歴を持つ人物です。

ドイツ連邦情報局(BND)とは、第二次世界大戦中の対ソ情報機関であるゲーレン機関を基に創設されたインテリジェンス機関であり、CIAやNATO情報部にも匹敵するほどの実力を持った組織です。

そのBNDで実績を残し、帰国した菅沼氏は、対外情報部門を中心に旧ソ連、北朝鮮、中国の情報収集にその身を尽くし、対外情報の総責任者である調査第2部長を最後に退官されています。

つまり、今回の企画では、スパイ天国と言われるこの日本にあって、水面下でギリギリの活動をしていた、日本屈指のインテリジェンス・オフィサーとのインタビュー映像をお届けすることになります。

菅沼氏は、ある記事でこう述べています。

「根本的な問題として、日本人は一般に、朝鮮および朝鮮人というものに対する正しい理解が欠けている。朝鮮人とは何ものかも知らずして適切な外交方針を立てることはできない。」

つまり、何も知らずして「北朝鮮は怖い」、「金正恩は許せない」、「もっと厳しい制裁を」という考え方を持ってしまうことが、根本的問題であるということです。

一方、このようにも述べています。

「朝鮮半島こそわが日本の生命線であることは昔も今も変わらない。朝鮮半島に対するわが国の影響力が皆無になれば、わが国は滅びざるを得ない。それが地政学的結論だ。」

 

「わが国存亡の危機は目前に迫っているのだ。」

北朝鮮の核は、日本に破滅をもたらすのか?
それとも、核問題も拉致問題も乗り越えて国交正常化を成し遂げるのか?

いずれにしても、なさなければならないことはただ一つです。
今回のWEBセミナーで北朝鮮の本当の姿と水爆実験の真意を手に入れてください。
それだけが、

 

今まさに日本中に立ち込める恐怖の暗雲を払いのける方法です。

2016年は、朝鮮半島が大きく揺れ動く年になるかもしれません。

そのような重大な時だからこそ、私たち国民一人ひとりが、嘘で塗り固められたマスコミの情報に惑わされることなく、正しい判断をしていかなければ、日本は本当に国家存亡の危機に陥ってしまいます。

北朝鮮の得体の知れない恐怖に怯え続けるのか。
それとも、真実の情報を手に入れ、北朝鮮よりも先手を打って日本の国益を勝ち取るのか。
そのどちらを選ぶのかは、ここまでお読み頂いたあなたならお分かり頂けるはずです。

今回のWEBセミナーが、あなたのお役に立てることを心より願っています。

 

鳥内浩一

 

一度限りの放映です。今すぐご登録下さい


カウントダウンタイマー
▼ メールアドレスを入力して下さい。例:info@abcd.com

※アドレスを間違えるとWEBセミナーご視聴URLがお届けできません。半角英数字でに正確にご入力ください。
※確実にWEBセミナーご視聴URLをお届けするためYahooメール、Hotmailなどのフリーメールアドレス以外でご登録下さい。
※携帯メールアドレスでは登録ができません。

※本プログラムは、株式会社リアルインサイト、株式会社かめによる共同運営を行っております。送信いただいたお客様の個人情報は、両社で責任をもって管理させていただきます。また、登録頂いたメールアドレスはお客様のご希望時に、いつでも解除することができます。両社の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)につきましては、右記をご覧ください。【株式会社リアルインサイト】【株式会社かめ
【 語り手:菅沼光弘氏 プロフィール 】
元公安調査庁調査第2部長

1936年生まれ。
東京大学卒業後、公安調査庁入庁。すぐに、ドイツのマインツ大学に留学。その後、対外情報活動部門を中心に、旧ソ連、北朝鮮、中国の情報取集に35年従事。対外情報の総責任者である調査第2部長を最後に退官。現在は、アジア社会経済開発協力会の会長としてご活躍中。

著書には、「この国の権力中枢を握るものは何か」、「日本を乏しめた戦後重大事件の裏側」、「世界経済の支配構造が崩壊する」、「日本人が知らない地政学が教えるこの国の針路」、「ヤクザと妓生が作った大韓民国」など多数。

プロフィール

 

 

【 聞き手:鳥内浩一:プロフィール 】
株式会社リアルインサイト 代表取締役

1976年富山県高岡市生まれ。東京大学ならびに同大大学院卒業後、複数のコンサルティング会社を経て、2005年よりセミナー・講演のポータルサイト「セミナーズ」を運営するラーニングエッジ株式会社に経営陣として参画。

世界トップレベルの研修コンテンツを日本で普及させる活動を行う。 2011年4月、株式会社リアルインサイト設立、代表取締役に就任。全国の経営者や起業家向けにコンサルティングや講演を行いながら、関わる全てを幸せにする”十方よしの経営学”『日本発新資本主義経営』を広めている。

著書に「売れる仕掛け」「逆説の仕事術」「「コラボ」の教科書」がある。

鳥内浩一 プロフィール

「売れる仕掛け」(PHP出版)、「逆説の仕事術」(マガジンハウス)

 


カウントダウンタイマー
▼ メールアドレスを入力して下さい。例:info@abcd.com

※アドレスを間違えるとWEBセミナーご視聴URLがお届けできません。半角英数字でに正確にご入力ください。
※確実にWEBセミナーご視聴URLをお届けするためYahooメール、Hotmailなどのフリーメールアドレス以外でご登録下さい。
※携帯メールアドレスでは登録ができません。

※本プログラムは、株式会社リアルインサイト、株式会社かめによる共同運営を行っております。送信いただいたお客様の個人情報は、両社で責任をもって管理させていただきます。また、登録頂いたメールアドレスはお客様のご希望時に、いつでも解除することができます。両社の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)につきましては、右記をご覧ください。【株式会社リアルインサイト】【株式会社かめ