協会ビジネス実践会

協会ビジネス実践会の目的

協会ビジネスで失敗する典型的な事例は2つです。

1.お金が儲かりそうだから始める
2.すごく良いことなので、ボランティアでも普及したい

儲かりそうだと始めた協会には、儲けたい人だけが集まります。
そして、ボランティアで始めた協会は、事業として継続性がありません。

協会ビジネスは
社会に良いことをしながら、儲かる仕組みを作ることです。
理念と収益をいかに両立させるかが株式会社と大きく違います。

株式会社には、たくさんの先行事例があり、ビジネスモデルを解説した本や勉強会がたくさんあります。
しかし、
協会ビジネスは2008年から始まったので、成功事例、失敗事例を共有することがなかなかできません。
ほとんどの協会は、同じようなところでつまずきます。
協会ビジネス実践会では、大きな壁になる年商1000万円、3000万円、5000万円、1億円のそれぞれのステージを突破した、ちょっと先を行く先輩理事長達のビジネスモデル、成功事例、失敗事例を直接シェアしてもらい、自分の協会にどのように活用したらよいかを学び、実践する場を提供します。

こんな疑問を持っていませんか?

  • 理念が大事と言うけども、どのようにして協会に浸透させたのか?
  • 協会の収益構造はどのようになっているのか?
  • 0期生を募集する時に、どのような集客方法を取ったのか?
  • 0期生を募集するランディングページはどのように作るのか?
  • 0期生を募集するまでにカリキュラムは完璧に作れたのか?
  • 0期生と1期生は違うのか?
  • 2級講座と1級講座のレベルの違いはどのように出すのか?
  • マスター講座では何を教えるのか?
  • 認定講師対象の勉強会を開催する意味は?
  • 活躍する認定講師はどのようにして育成するのか?
  • 認定講師が集客する仕組みをどのようにして作っているのか?
  • 実際のテキストと指導マニュアルを見せて欲しい
  • 一番初めに作ったHPはどのようなことに注意したのか?
  • HPは年商、会員数にあわせて作り直していくのか?
  • 年商1000万円を初年度でクリアするために必要なことは?
  • 事務局はどのようにして育成したのか?
  • 集金する仕組みはどうなっている?
  • 運営会社と協会の役割分担は?
  • 会員システムの作り方は?
  • 認定講師との規約を締結する時の注意点は?
  • 協会が主催するアワード、シンポジウムの効果は?

協会ビジネスで、一番大切なことは理念に共感する認定講師をどのようにして集めるかです。
そして、その認定講師たちが活躍する仕組みを提供できるかです。
協会ビジネスは簡単には作り上げられません。
しかし、
作り上げると右肩上がりの成長曲線を維持することができます。
先輩理事長達がいかに年商1000万円、3000万円、1億円の壁を突破して行ったかを
リアルに体験して、自分の協会に活かして行ってください。

理念なき行動は凶器、行動なき理念は無価値。
                
本田宗一郎

協会ビジネス実践会が提供するもの

協会ビジネス実践会に入会する

なぜ協会ビジネス実践会が日本の未来に必要か?

協会ビジネス実践会 前田出よりメッセージ

前田出「2020年までに年商1億円の協会を200団体作りたい。」
それが私の目標です。

浦賀にペリーの黒船がやって来て、15年で徳川幕府は崩壊しました。

この大きな時代の変革期に活躍した人材を輩出したのは、
吉田松陰が開いた松下村塾に代表される私塾でした。

どうして、松下村塾から高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文が生まれ、
坂本龍馬、西郷隆盛にも大きな影響を与えたのでしょう。

大きく時代が変わる時に、活躍する人材を生み出す力は何か?
そのヒントが松下村塾に隠されています。

吉田松陰の人材育成には3つの特徴があります。

【1】対話形式で育てたことです。

一方的に教え込むことをせず、「これについては、どう考えますか?」
という質問を多用し、対話によって、門下生自身が自発的に考えることを
サポートしたのです。

松陰は次のように言っています。

「教授は能(あた)はざるも、君等と共に講究せん。」
(私は、君達に教えることはできないが、君達と一緒に勉強していきたい)

先生と生徒ではなく、共に学ぶパートナーとしての関係を大事にしています。
松陰はこの考え方を松下村塾だけでなく、牢獄でも貫き通しました。

松蔭はペリーの船で密航しようとしたことで、
長州藩の牢獄に入れられました。

同じ牢獄の中にいる無期懲役の囚人と一緒に勉強しているのです。

悪いことをする人でもかならず字がうまいとか、
俳句や和歌ができるというような特技があります。

松陰は牢獄の入っているすべての囚人の良いところを引出し、
先生にしてしまいました。

「この人は字がうまいのでこの人からみんな字を習おう。」
「この人は和歌が得意だから、この人からも教わろう。」

と、武士である松陰自身がまず生徒になったのです。

囚人達は喜んで自分の得意なことを教え、
松陰から世の中の動きを教わりました。 

彼らも「今の日本を何とかしないと大変なことになる」と気づいて、
松陰が死んだ後、長州藩と幕府の戦争には参加しています。

松陰の「すべての人は先生」という考えは、見事に囚人を動かしたのです。

【2】問題を「自分事」として考える講座を実施したことです。

「なぜ清国がアヘン戦争に負けて欧米諸国の植民地になったのか?」
「あなたが奉行なら、ペリーにどのように対応するか?」

吉田松陰はそんな問題を塾生に問題提起して、討論して一緒に考えました。

「あなたなら一体どうしますか?」と自分の頭で考え、
行動する事を促したのです。

ドラッカーが言う「すでに起こった未来」を体感させることで、
その時代に誰も経験したことがない大きな課題を乗り越えさせる力を養成しました。

そして、「飛耳長目録」と言う新聞を作り、自分の意見を伝えました。
情報は聞く耳を持って、耳を飛ばして聞きなさい。

起こったことは実際に自分の目で確かめて視野を、
長くして見なさいと言う意味です。

【3】仲間の力です。

松陰が松下村塾で教えたのは、わずか3年です。

松陰が30歳で処刑された後も、塾生たちの結束力は堅固で、
内閣総理大臣2名、国務大臣7名、大学の創業者2名など
現在の日本に続く数々の功績を数多く残しました。

「すべての人が先生」と言う人材育成の方法。

「すべての事を自分事として考え、行動する事」が、
自立した仲間を作り出したのです。

これからの15年も、明治維新の時と同じような大きな変革が起こります。

大きな変革が起こる時に必要なものは何でしょう?

高度成長期に、成功者に求められたものは、
早く、正確に、正解を出す力でした。

「1+1=2」と明確に答えられる問題を解く能力のある人が活躍できました。

しかし、これからの時代は、明治維新に起こったような誰も正解を判断できない時代です。
正解があるのか無いのかもわかりません。

正解は自分たちで作り出さなければいけない時代です。
そんな時代に求められる力は何でしょうか?

2002年。

ドラッカーは「ネクストソサエティ」の中で、
NPOが社会の中心になると予言しました。

当時、社会性と収益性はビジネスの世界では両立しないと考えられていました。

ましてや、寄付文化やボランタリーの精神が育成されていない日本においては、
経済界のリーダーたちには受け入れられない考えだと思われていました。

しかし、
3.11の震災を経験した私たちの意識は大きく変わりました。

まさしく、平成の黒船です。

時代が大きく変わるうねりを感じ始めた感性の高いオピニオンリーダーたちは、
新たな時代の武器を模索始めました。

あるものは、一気にお金持ちになる方法や、
有名になる方法を時代へのパスポートとして幕末の寵児になりました。

それは、明治と言う時代に躍進する志士ではなく、
旧体制の江戸幕府の枠組みの中での新撰組のような役目です。

私は、教育をすべてのビジネスの中に取り入れていくことが、
日本の未来を作ると確信しています。

「社会に良い事をしながら儲かる仕組みを作る」
がこれからの時代です。

すべての業界で「社会性と収益性」を両立させる仕組みを作り出した組織が
これからの時代をリードします。

協会を作り、認定講座を開講し、認定講師を育成して、
全国展開を図る人たちがたくさん生まれました。

その中には、会員数が5,000名を超えたり、
年商3億円を超える協会もできてきましたが、
まだ試行錯誤を繰り返している協会が大半です。

私は、協会ビジネスが新たな生涯学習の
「教える・学ぶ」仕組みを大きく変えると確信しています。

一般社団法人 協会ビジネス推進機構代表理事 前田出

協会ビジネス実践会は「学び→実践」の場を提供します。

協会ビジネスの仕組みは 、
理論を学んだだけでは分かるものではありません。

そして、簡単に1億円の年商を作り出せるわけでもありません。

その代わりに、仕組みが出来てしまえば、
右肩上がりの事業を継続することが可能です。

私が指導した協会だけでも、すでに12協会が年商1億円を突破して、
継続して収益を上げています。

この協会ビジネスの仕組みを理解し、
実行してもらうために作り出したのが、協会ビジネス実践会です。

パラダイムシフトする時に、次の時代に活躍できる人材を育成する最高の仕組みを、
140年前に吉田松陰が作り出しました。

その仕組みを取り入れ、実践します。

1.すべての人が先生

実践会では、学びを自分の協会にカスタマイズする時間を大切にします。

だからこそ、
誰が参加するかが問題です。

この協会ビジネス実践会は、すでに講座ビジネスで成功して、
業界でNO.1になると決めた人に来てもらいたいと思います。

私が20年間、実践し効果を出した仕組みを基に、8年間、先行して実践に移してきた協会の理事長達から学ぶものはたくさんあります。
是非、あなたの業界に取り入れ、その分野での日本一を目指してください。

そして、あなたの業界での当たり前が、他の業界では驚きを与えることも事実です。
学ぶだけでなく、あなたのノウハウも積極的にシェアしてください。

見るべき方向を変えてみると、全く新しいビジネスチャンスや、解決方法が現れます。

2.自分事として考え、行動する

3年で年商1億円の協会を作り上げる標準化モデルは出来ました。

これはテキストでも、講座でも学ぶ事は出来ます。
でも、あなたの協会にカスタマイズするには、集中してシミュレーションする時間が必要です。

私が作り上げたホビークラフト関連の協会は教材販売と1段階のモデルが成功要因です。
他の成功した協会にはそれぞれの成功ポイントがあります。
毎回、違うステージの理事長をゲストに迎え、その成功要因を直接、理事長から聞き出し、自分の協会にどのように展開するかを考える「場」を提供します。

同じ志を持った理事長達と一緒にワークすることから、行動計画は生まれてきます。

3.新しい時代を作り上げる仲間を得る

パラダイムシフトが起きる時に必要なものは、お金ではありません。
豊かになる、成功すると言う価値観自体がこれからの15年で変わります。
明治維新よりも劇的に変化する1000年に1度の変革期に私たちは生きています。
農業革命、産業革命よりも大きな、情報革命の真っただ中に私たちは生きてきます。

その時に、一番必要なのは、「能力+人柄のよい仲間」です。

仲良しクラブを作るつもりはありません。切磋琢磨する、教え合う、共感できる「場」を作り出します。

今までは、どれだけ効率的にお金を稼ぐことが出来るかが、成功の基準でした。
しかし、
これからの時代は、どれだけ影響力を与えることが出来るかが、成功の基準に変わります。

お金ではなく、影響を与える力です。

「2020年までに、年商1億円の協会を200団体作りたい。」

それが私の目標です。

そうすれば、日本の生涯学習のスタンダードが変わります。
「学ぶ事」が楽しい、「教える事」が楽しい社会を生み出すことが出来ます。

30年後の子供たちの笑顔を作り出すのは、教育に携わる私たちの使命です。

 

協会ビジネス実践会に入会する

協会ビジネス実践会への推薦の声
  • 前田さんが、協会運営を軸とする
  • 経営モデルを紹介しはじめたのは、2007年に
  • 遡ります。私のクライアントである12社を招いて、
  • 前田さんが手がけられてきた協会事業について
  • 少人数の勉強をはじめたのです。

実践会セミナーのゲストスピーカーご紹介
01
大沢清文先生

一般社団法人キレイデザイン協会

1965年7月佐賀県生まれ

サロンにて、男性エステティシャン&メイクアップアーティストとして活動し その後、エステティシャンのマネージメント業務に携わる

カラーでキレイにするサロン直営店 カラービューティーラボ 6店舗 全国に代理店 30店舗展開

日本で初めてとなる私立女子校にエステ・メイク・ネイル・カラーなどの トータルビューティースクールのプロデュースに携わる 初年度募集 20名に対し700名の応募

2012年
エステティックグランプリ理事就任 :全国の理事と力を合わせ 横浜パシフィコにて5000名のエステティシャンを集める大会となる

2013年
日本アイブランディング協会設立 代表理事 就任しアイブランディング講座 開講直後 3ヶ月で200名の生徒を集め3000万の売上を上げ 前田出先生の著書「学び」を「仕組み」に変える新・家元制度のご本にご紹介される。

社)ISD個性心理学協会・社)子育てカウンセラー協会の立ち上げに参画し、
営業担当理事として1年で1億8千万の協会売上を達成する。

2015年7月
「キレイにする人がもっともキレイになる」を理念に
社)日本キレイデザイン協会 代表理事 就任
女性起業家を育成する講座 「カラービューティー学」を9月よりスタートマスターインストラクター講座 3ヶ月で東京・大阪・福岡 にて 311名の 認定講師(先生)が誕生しました。


《協会プロフィール》

協会理念:人生を、もっとキレイにカラフルに。

本当の “キレイ“ とは何でしょうか。見た目や年齢は、ただの飾りにすぎません。
大切なのは人生をいかに彩るか、です。
私たちは「充実した今を生きる」ことを “キレイ“ と定義づけています。
その “キレイ“ を実現するのが「キレイデザイン学」です。
“色のチカラ“を学び、もっと豊かな、もっとキレイなライフスタイルを手に入れる。
さらに “キレイ“ をデザインできる人を育て、世の中の女性が輝けるステージを増やすのが、
私たちの使命です。

「キレイデザイン学とは?」
講座理念:キレイにする人がもっともキレイになる
誕生日から導かれたあなただけの「ブランドカラー」と「リズムカラー」を使って女性のキレイを作ります。
キレイとは、その人の生き方そのもの。
女性が一生涯自分らしく輝き、「仕事」「家庭」「育児」などのステージでも活躍できるカリキュラムです。
私たちの願いは、どんなステージにおいても女性たちの人生を輝かせるそのために【色】が秘めているチカラに着目しました。 “色“ という要素を通して人のキレイをデザインできる人を育て、女性の自立、美しい生き方をサポートする講座です。

「講座概要」
● キレイデザインマスター講座 12時間:196,560円 テキスト代:5,400円
別途資格認定料:32,400円 公益財団法人日本生涯学習協議会入会金:3,240円
「学ぶ人」 から「教える人」へ キレイになる人をデザインするための認定講師としての心構え、知識、スキルを身につけます。またゴール設置(インストラクターとしてのデビュー日)を明確にして、行動することの大切さを学びます。

●キレイデザインインストラクター講座 12時間:77,600円 テキスト代:3,240円
自分のキレイを自分で創造する力を養います。誕生日から導かれた、ブランドカラーによって本当の自分を把握し、周りの人との違いを受け入れながら、自分自身の土台作りを行います。
また、リズムカラーによって自分の人生の流れを知り、ライフスタイルをより鮮明に描きます。

●キレイデザインアドバイザー講座 6時間:32,400円 テキスト代:3,240円
誕生日から導かれた、自分の「ブランドカラー」を知ることで自分の個性や能力を理解し、人と比較しない自分らしさについて考えることは、生き方・未来を考えること。
これによって目標達成までの道のりがスムーズになり、夢の実現へ近づきます。




02
竹内エリカ先生

一般社団法人 日本キッズコーチング協会理事長
幼児教育者、淑徳短期大学講師。ラジオパーソナリティ。2児の母。

お茶の水女子大学院修了。20年にわたって子どもの心理、教育、育成について研究し、これまで約12,000人の指導にたずさわる。
発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国規模の大会で日本第1位他、14賞のコーチ実績がある。

「あそび学」を専門にし、プレイセラピー、運動支援プログラムの研究開発・執筆に携わり、海外での教育国際会議の研究発表などにも参加するほか、保育・幼児教育関係者への講演活動なども精力的に行う。

2010年一般財団法人日本キッズコーチング協会を設立。0歳から6歳までの子どもの認知特性を活かした指導法キッズコーチング法を考案、キッズコーチング資格認定・発達カウンセリング・支援プログラムの開発を中心に活動している。

「男の子(女の子)の一生を決める0歳から6歳までの育て方」他著書18冊がロングセラー。


《協会プロフィール》

一般財団法人日本キッズコーチング協会(JAKC)とは
お母様が育児を充実したものにするために、また幼稚園・保育園の先生、キッズ専門インストラクターなどの指導者養成のために、乳幼児・児童を対象にした指導法・キッズコーチング資格を監修・認定を行う団体です。

“JAKC/ジャック“という名に込められた想い
皆さんは『ジャックと豆の木』の話をご存知ですか?何の価値もない小さな種が、子どもの可能性をもって大きな価値へと入れ替わる夢のある話です。あの豆の木のように子どもの限りない可能性を伸ばすことが、私たちのミッションです。

キッズコーチング資格認定講座
子育てにキッズコーチングを取り入れたい方、自分の仕事にキッズコーチングを取り入れたい方、キッズコーチングで起業したい方、キッズコーチングの講師をしたい方、そんな方のために子どもの発達の知識と指導法のノウハウを提供する資格認定講座です。

講演・セミナーの実施
キッズコーチングの資格取得者は延べ410名以上。多くは育児中または幼児教育に従事しているものだが、その45%が資格取得にその知識を伝えたい思いで母親向けの講演や研修を実施。主に教育委員会での講演をはじめ、フランチャイズのピアノ教室・音楽教室・サッカー教室、幼児教室など講師向け、保護者向けの研修などを請け負っている。(郡山市・南相馬氏・市川市・伊佐市教育員会、ヤマハ音楽教室、めばえ教室、CTTサッカースクール、トヨタ自動車等)

執筆・書籍の刊行
キッズコーチング関連書籍18冊、韓国、中国、台湾、タイにて翻訳出版、サンケイリビング新聞、サンケイビジネスアイ、mamagirl、大和ハウス、ワコールコラム連載ほか

幼児教育プログラムの開発
ベネッセ気質診断プログラム、めばえ教室体操プログラム、FECディーバトレーニングプログラム他、幼稚園キッズジム体操プログラム他




03
伊藤昌浩先生

一般社団法人背骨コンディショニング協会 理事
SCAマネージメント株式会社 代表取締役

1969年生まれ 三重県松阪市出身

 大学卒業後、国内最大手のフィットネスクラブの運営会社にて現場インストラクターから店舗支配人を経て本社経営企画室を歴任。

 その後、背骨コンディショニングの創始者日野秀彦氏と出会い、体の不調でどこに行っても治らないと苦しんでいた人たちが体操と施術で考えられないほどに回復していくのを目の当たりにする。

 運動分野でここまで可能なのか?と衝撃を受ける。
背骨のコンディションを整えることが身体の不調に対する当たり前の選択肢として普及させる必要があり、まだ知らずに治らないと希望を失っている人に届けなくてはいけないと使命を感得し創始者とともに背骨コンディショニング協会を設立。


《協会プロフィール》

<協会理念>
からだ革命
「背骨コンディショング」を世界に拡め、不治・難病・治りづらかった症状で苦しむ人々に心身の真のいやしと平安が訪れるようにします。私たちは「ハイクオリティプログラム」を携え、自分を愛するように隣の人、特に先ず弱きを覚えている人の気持ちになる、真の愛を持つ指導者を多く輩出する事により社会に貢献し、からだ革命を推進します。

 背骨のコンディション 悪くなっていませんか?
背骨の位置が本来の場所から歪むとそこからでている神経に影響を及ぼして痛みや体調不良につながります。
 背骨コンディショニングとはそのおおもとである背骨を整えることにより「治らないはずのものが治る」不調に苦しむ人々に向けた健康改善のプログラムです。

 その手法は実践に基づくもので完全に独自理論によるものです。それは創始者の日野が苦難の元に開発してたどり着いた身体の調子を整える他に類を見ない方法です。
 当初はそれをできる人を作ろうということで任意団体として2009年に協会をスタートさせました。手探りで活動を続けながら、5年間で指導者は約100人程になってきた頃、拡大を続けていくのに限界を迎えていました。当初良かれと思ってボランティア的に作っていた仕組みが収益性とアンマッチだったのですね。
 その頃、新家元制度に出会い、仕組みを一新して再構築した結果、約1年半で300人に急増することになります。

 この会では、先に走る協会理事長さんたちの事例を参考にさせて頂くことができます。このことは自分たちのルート選択を判断する為の情報としてこんなに価値のあるものはありません。学びを深めていくたびに、色々な落とし穴に落ちているのに、そして落ちていた事にも気付いていなかった事がやっとわかりました。特に私は過去色々な諸先輩方のケーススタディがとても参考になりました。それは成功事例もさることながら、失敗事例が学べるのが本当に貴重なことで、この会で学ぶ最高の学びだと感じています。




04
石部順一先生

一般社団法人 日本アスリートウォーキング協会 代表理事
公益財団法人 日本生涯学習協議会監修・認定「教える力」認定講師
米国Profile-XT 認定コンサルタント
日本ランニング学会 認定指導員
日本アスリートウォーキング協会(R)マスタートレーナー。企業コンサルタント。


心拍トレーニングとコーチングを併用し、クライアントの体と思考を最高の状態にして目標達成に導くことを得意とする。

金属メーカーに20年勤務後に独立。個人の独立支援やセミナー講師としての活動を経て、近年は厚生労働省より義務化されたストレスチェックに関連する企業研修などを多く担当。

母親の早すぎる逝去や自身の体調不良をきっかけに、精神と肉体の両面から健康になれる方法を研究し、1人1人に合った心拍数を指標としたウォーキングメソッド(現アスリートウォーキング)を開発。

一日わずか30分の継続で、自身の睡眠の質や仕事への集中力、血圧の数値が改善。見た目、性格、収入の変化が評判となり他者への指導を開始。

精神疾患で休職していた管理職の男性が健康を取り戻して復職、その後フルマラソンを二度も完走。肥満で足腰に問題を抱えた女性グループが楽にダイエット成功。

このような大きな効果に驚き、広く社会へ貢献する為、一般社団法人 日本アスリートウォーキング協会設立。


《協会プロフィール》

車や電車等で便利になった現代は、私達から「歩く」機会を奪い不健康さを助長した側面があります。

小学生の通学距離が明治時代に比べると平均5km減少(福岡市)、内閣府「体力・スポーツに関する世論調査」によると、運動不足を感じる人の割合は男女ともに70%超え。
働き盛り世代においては高血圧や糖尿病などの生活習慣病、企業では社員のメンタルヘルス問題が増加しています。

団塊の世代を含む高齢者、働き盛りのパパママ、これからの未来を担う子供達すべての世代に「運動」を続けることで元気になってほしい!
その願いのもと、日本アスリートウォーキング協会は「親子三代の元気を応援!」を理念とし設立しました。

身体の負担を最小限にできるフォームと心拍数を指標としたウォーキングメソッド。最新の脳科学を取り入れ、 楽に習慣化できるように設計したカリキュラム。これらを学び、継続することで、心、脳、身体すべての健康を増進させることが出来ます。

ちょっとしたコツで誰でも簡単に「習慣化」できる。小さな子供から高齢者までが笑顔で続けられる。運動は苦手で嫌い、そもそもやる気が起きない人ほど継続できている。そんな不思議なほど楽しいアスリートウォーキング!
これが世の中に広がれば、社会は必ず良くなると確信しています。
「親子三代の元気を応援!」
日本アスリートウォーキング協会は、1人でも多くの方への普及に向け邁進していきます。

≪協会実績≫
設立1年で全国14都道府県に33名の認定講師を育成。
初年度に50回以上の認定講座を全国で開催。
シューズメーカー、ウェアラブルメーカー大手2社と提携。
2016協会アワードグランプリ入賞。




05
立石 剛先生

一般社団法人日本パーソナルブランド協会代表理事
有限会社ブランドファクトリー代表取締役

1967年大阪府箕面市生まれ。同志社大学卒業後、大手損保険会社に入社、29歳の時に生保険会社へ転職するも業績が思うよう伸びず悩みはじめる。自分を変えたいという理由で自らお金を払い様々なジャンルのセミナーに通いはじめる。35歳の時に自主勉強会を立ち上げ、人気講師やベストセラー作家を招いてセミナーや講演会を月に一度のペースで開催するようになる。この頃から「いいセミナーとは何か?」を考えるようになる。翌年「パーソナルブランドセミナー」をテーマに自ら講師として登壇するようになり、ビジネス誌でも大きく取り上げられる。全国各地からセミナーや講演の依頼が増え続ける。37歳の時「パーソナルブランド」を専門にした研修コンサルタント会社を設立。パーソナルブランド構築に役立つという理由からセミナー講師育成に力を入れるようになる。自ら企画した日本初のイベント「セミナー講師の甲子園”セミナーコンテスト”」は現在全国8カ所で開催、9年で延べ800名以上のセミナー講師を輩出。2013年に一般社団法人「日本パーソナルブランド協会」を立ち上げ、パーソナルブランド認定講師の育成にも力を入れている。


《協会プロフィール》
■協会理念
誰もが自分らしく輝ける社会を創る
一人ひとりが自分の価値に気づき、自分らしく輝ける存在になること。そして、関わる人同士がお互いを認め合い、お互いを活かしあえる社会が実現できることを願います。そのために、我々は世の中に価値ある学びの場を創り続けます。

■講座理念
私、立石剛は2004年10月より「パーソナルブランドの作り方」をテーマに全国各地でセミナーを開催してきました。受講生の数は12年で述べ2万人を超えます。セミナーを通じて出会った人のパーソナルブランド構築にも数多く関わってきました。これらの経験を通じてわかったことは、人それぞれが持つ強みの存在であり、その強みをうまく言語化できると、ビジネスの成功は加速するということです。ブランドとはまさに価値の言語化です。上辺だけの言語化ではなく、自分の強みを表した言語化こそが真の成功(幸せ)をもたらします。私はこのことを、パーソナルブランドという言葉で多くの人に伝えてきました。これかはもっと多くの人に、パーソナルブランドの魅力を知っていただきたく、認定講座として2015年より公開することにしました。これまでに受講した人の数は、2級認定講座516名。1級認定講座354名。マスター認定講座30名となっております。

■講座内容
1 パーソナルブランド認定講座
① パーソナルブランド体験講座
パーソナルブランドの魅力と構築法が2時間で学べます。

② パーソナルブランド2級認定講座
自分の過去の棚卸しをしながら、自分が大切にしていることを探っていきます。最終成果として「自分クレド」を完成していただきます。

③ パーソナルブランド1級認定講座
パーソナルブランドをビジネスにどう活用するかを6時間かけて学びます。
最終成果は「キャッチフレーズ」と「プロフィール」を完成していただきます。

④ パーソナルブランドマスター認定講座
パーソナルブランド体験講座、1級認定講座を教えられる人になっていただきます。講座では12時間かけて、ワークショップの進め方を学びます。





06
笹西真理先生

一般社団法人日本マナーOJTインストラクター協会
株式会社トゥルース 代表取締役社長

飲食業を営む両親に育てられ、幼少の頃より「サービス業」に親しむ。大学卒業後、日本航空国際線客室乗務員~広告系コンサルティングの営業職の経験をもとに「接客の現場を教育で輝かせたい!」と株式会社トゥルースを起業。 数多くのサービスの現場で、スタッフと一緒になって接客を行い、その場で指導するスタイルが評判となり、全国で年間200本以上の登壇を行う講師となる。 より多くの現場と関わりたいという想いから、2010年(社)日本マナーOJTインストラクター協会を立ち上げ、講師養成をスタート。 現在までに教育にかかわった会社は5000社以上。日本の温かい「おもてなし」を世界にまで広げたいと東奔西走している。


《協会プロフィール》
「サービス業の未来を輝かせる」 という理念をかかげ、接客マナー指導のプロを育成する協会です。日本で働く人口の約6割がサービス業に従事し、またその7割が女性と言われています。それだけ多くのサービス従事者がいるにもかかわらず、サービス業における教育は「見て覚えろ」方式がいまだに主流で、働いた期間もキャリアとしてなかなか認められない現状があります。私たちは「接客が好きで販売や営業の技術もある!けれど(様々な理由で)仕事としては就くことができない」というサービス業OGと「ちゃんと教えてほしい!」と思っている現場、そして「接客のスキルを向上することで業績を上げたい」と考える企業、すべてにメリットをもたらす「現場接客マナー向上術」を用いて業界を活性化することはもちろん、日本の未来に良い影響を与えられる協会として活動していきたいと考えています。「思いやりの心(マナー)が伝わる社会に♡」


《講座実績》(2016年3月現在)
● マナーOJTインストラクター養成講座(268名 認定)
企業研修講師として活躍できる資格です。30時間でマナーの知識だけでなく、現場指導のコツ(販売や面談のスキル)から個人講座開講のスキルまで学ぶことができる一番人気講座です。
●ソーシャルマナー1~3級(2741名 認定)
3時間で受けられる気軽な「印象アップ講座」である3級から、個人指導を目的としたマナー講師資格1級まで全国で受講することが可能です。講師はマナーOJTインストラクターとして活躍している現役メンバー♡ ●キッズマナーインストラクター養成講座(132名 認定)
3~7歳の「子どもの成長」に最も大きく影響をあたえる期間に「人を想いやる心と行動を身に着けてもらいたい」と2014年リリースした新講座です。1日で取得できるインストラクター資格というのも人気の理由です。
●接客英会話インストラクター養成講座(60名 認定)
外国人観光客に応対するスタッフに「コミュニケーション」を!をテーマに2014年リリース。英語と中国語、また異文化コミュニケーション、接遇と幅広く指導のできる人材を育成します。






協会ビジネス実践会概要

協会ビジネス実践会概要

開催期間 2016年7月~2016年12月(6ヶ月)
会場 都内会場
参加対象者 講師をされている方、インストラクタービジネスに携わる方、既に協会を設立している方、協会をこれから始めようとしている方、協会ビジネスに興味のある方
募集人数30名

例会スケジュール(14時~17時)

開催日ゲストスピーカー
第1回 7月8日(金)大沢清文 一般社団法人キレイデザイン協会
第2回 8月5日(金)竹内エリカ 一般社団法人 日本キッズコーチング協会
第3回 9月2日(金)伊藤昌浩 一般社団法人背骨コンディショニング協会
第4回 10月7日(金)石部順一 一般社団法人 日本アスリートウォーキング協会
第5回 11月4日(金)立石 剛 一般社団法人日本パーソナルブランド協会
第6回 12月2日(金)笹西真理 一般社団法人日本マナーOJTインストラクター協会

協会ビジネス実践会参加要領

会費
通常価格194,400円(税込)
5月31日まで!⇒ 早期割引価格129,600円(税込)
支払方法銀行振込のみ
前田出プロフィール
 
 
メールアドレス (必須)
お名前 (必須)
全角文字で入力してください。
お名前(フリガナ) (必須)
全角カタカナで入力してください。
お電話番号 (必須)
数字とハイフンのみ(すべて半角)で入力してください。
お問い合わせ